脇汗臭い 治療 手術

脇汗の臭いを抑える、ワキガの治療と手術とは

脇汗の臭いに悩みつつも、正直まだごまかしきれるくらいの臭いならば、病院に行くほどでもないかな〜って思いつつも、内心は脇汗が臭い、ワキガかもしれないと治療に行く勇気はなかなか出ません。

 

まして手術なんて言われたらそんな怖いことできないって思いますもんね。

 

だけど市販の制汗剤などを使っていろいろと脇汗の臭い対策をしても、

 

「○○さん、ちょっと汗臭いですよ」
「あなた、ワキガじゃない?」

 

なんて指摘されて日には、ショックで落ち込んでどうしようもなくなります。

 

「ワキガ」というワードが胸に突き刺さって、やっぱり病院に行って治療、または手術した方がいいんじゃないか、手術しか治る方法はないんじゃないかと思い詰めてしまいます。

 

それに、人に指摘される前に自分の脇汗の臭いに気付いていて、

 

「彼氏にばれる前に何とかしなくちゃ」
「自分がワキガだと人に思われたくない」
「もう、このワキガの臭いに耐えきれない」
「外に出歩けない」

 

と精神的に追い詰められて、思い切って治療、手術に踏み切る人も少なくありません。

 

実際私も相当悩んでいまして、病院に行こうと決意し、色々調べまくりました。

ワキガの治療、診察は何科へ受診すればいいの?

ワキガの診察をしてもらうのには、何科を受診すればいいのか、やっぱりワキガを専門として治療している病院なら受診科は美容外科、美容クリニックがいいと思いました。

 

広告やチラシ、雑誌の中にも、「ワキガ」「多汗症」治療していますと載ってるのも、美容外科、美容クリニックが多いです。

 

多分、皮膚科や形成外科でも診察は可能だと思いますが、手術治療となると専門医がいない場合もあるので他への病院紹介になる可能性もありますし、それならばいっそ美容外科の専門医に最初から診てもらった方が初診料も安くあがります。

 

それと病院により、治療費、手術代は全然違います。治療内容によって保険適用、適用外の判断も違うので、電話で事前に問い合わせして確認しておくことも重要です。

 

ワキガ診察

ワキガの治療と手術方法

医師の診察により軽度〜重度の判断レベルによってどんな風にワキガの治療を行っていくか相談しながら進めていってくれる病院がいいですよね。

 

私が調べたところ、美容外科のサイトで比較的軽いワキガの場合の治療内容として紹介されている多くは、

 

ワキガの治療

 

外用薬(塗り薬)

塩化アルミニウム配合の塗り薬を脇に塗ることで脇汗やワキガ臭を抑える効果あり。

 

内服薬

汗を抑える神経に作用して臭いをなくす。

 

軽度の場合は薬で軽減される場合もあります。完治するわけでなく、一時的なので使い続けることになると思いますが、塩化アルミニウムは持続性があるので毎日使わなくても大丈夫な日もあると思います。
しばらく使ってみて様子をみるのもありかもしれません。

 

ボトックス注射

ボトリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で、伝達物質を抑える効果が期待できるので、脇に注射することにより臭いを抑える効果が期待できる。

 

ただ効果は短いのが欠点。
保険適用してくれる病院であれば、3割負担で治療を受けられますが、適用外であればボトックス注射は高いところでは両ワキ6万のところがありました。

 

事前に問い合わせるか、診察の時に料金を確認したほうがいいです。

 

ワキガ手術

 

ワキガ手術

 

剪除法

麻酔を使い脇を2〜3cmほど切開して汗の臭いの元であるアポクリン汗腺を取り除いていく方法。医師の判断により目視しながら一つ一つ取り除いていきます。
傷痕も残り、病院によっては入院が必要になる場合もあり、結構リスクのある手術になります。
費用は保険適用になれば、36000円くらいからできますが、病院によってはかなり幅があり、30万ほどするところもあります。

 

ただ半永久的に臭いを抑えることができるということなので、重度のワキガの場合はこの手術を勧められるかもしれませんが、傷跡が残ったり、副作用として他の体から汗が出るようになったりする報告もあることから、決断するまでじっくり医師と相談することをおすすめします。

 

マイクロ波治療

局部麻酔して、マイクロ波の加熱によりアポクリン汗腺を広範囲で破壊します。メスを使わないので皮膚表面を傷つけることがないので傷痕も残りません。破壊された汗腺は再生しないので半永続的に効果は持続されます。
気になるのは料金。自由診療のため、病院により料金は違いますが30万前後と高額治療です。

 

マイクロレーザー

1oの極細のレーザーファイバーを脇に挿入し、汗腺にレーザーを照射し燃焼させます。傷痕は挿入部分に残りますが、日数とともに目立たなくなっていきます。こちらも自由診療のため治療費は7万〜30万とかなり違います。

 

高額な費用がかかるとなれば、決断はなかなかできません。

まとめ

ワキガの治療は、病院によりさまざまな方法があることがわかりました。

 

でもやっぱり病院に行く勇気は、恥ずかしい気持ちもあり、重度で手術を勧められてるほどであればショックも受けますし、なかなかその場で決断ができないです。

 

不安なことは、

 

@治療費がどれだけかかるかわかならいこと。
A手術となれば信頼できる医師かどうか判断できない。
B副作用が心配
C完治が100%でない可能性がある。

 

それだけでなく、ワキガであるかどうかはワキガ専門医による臭い判断が多いので個人差が考えられますし、腋臭症と診断されないと保険適用外になり高額な費用がかかることになります。
手術を勧められても、それなりのリスクがあることを思えばなかなか踏み切れないですよね。

 

ただワキガの臭いが重度であり、日常生活や社会において脇汗の臭いから解放されたい深刻な悩みとして抱えているなら、事前にしっかり問い合わせしておいて、わからないことは医師と相談しながら自分で納得することができれば、手術という方法をとることで安心感は得られると思います。

 

PR:病院に行く前に一度試してほしいワキガの臭いを抑える制汗剤

 

 

脇汗臭い.net TOPへ

病院選び参考サイト


トップページ おすすめ制汗剤 ワキガセルフチェック 脇汗の臭い対策 脇汗の臭いの原因